プロ妖精ぺぺやま

けむり家計簿(節煙ブログ

タグ:電子タバコ

さてさて、時々机上では電子タバコのお世話になってるので
国内で吸える大手タバコメーカー三社の電子タバコと加熱式タバコの味くらべ記事を書いてみる。

電子タバコとは?→WIKI(※加熱式タバコのリンク含む)

けむりフレンズなプロ妖精ぺぺやまさんにとっての「タバコ」
あくまでも煙の香りや味わい重視です。ニコチン摂取は二次的なものです。

タバコなんて嗜好品なので、
初めて吸った第一印象で全てが決まると思うのです。
何も無理して合わない味わいに「慣れる」必要は無いのです。
慣れる行為ってのがイミフで理解出来ないことをあらかじめ書いときます。

味比べは、
所有してるのがプルームテックのみなので全て最初に吸った一本の感想


アイコス(フィリップモリス社 米国)
20170429-iqois-tasting
  • 持った時の印象 
    なんかガジェットって感じで良い。ホルダーはコンパクトで見た目もかっこいいかもって思った。

  • 吸った感
    最近はほぼ口腔喫煙にしてるので、アイコスを肺喫煙したときはニコ酔いしてしまった。ニコチンはかなりきつい印象。

  • タバコ感
    タバコとはまた違うけど、シガレットに感覚が似ているかもしれない。

  • 香りと旨味
    これが駄目で、それまで購入しようか悩んでたのが一瞬で白紙になった。臭い。タバコには良い感じの「臭い」匂いがあるものだけども、これは別種の本当の臭さ。パンや焼き芋っていうけどまた違う香り。多分、紙を蒸した匂いだと思う。普通にパンやお芋や紙巻きシガレットの方が香りが良いと思った。あと熱気がアウト。

グロー(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社 英国)
20170819-glo-kent
  • 持った時の印象 
    なんかガジェットって感じ。けど、ホルダーとバッテリー一体型で手に持つにはデカい。昔のMP3プレイヤーのよう。マシンの質感はアイコスよりも良い。

  • 吸った感
    最近はほぼ口腔喫煙にしてるので、アイコスを肺喫煙したときはニコ酔いしてしまったのだけども、これはニコチンは若干薄い印象。

  • タバコ感
    タバコとはまた違うけど、シガレットに感覚が似ているかもしれない。

  • 香りと旨味
    味が無い。味覚障害になったかと思ったほど味が確認出来なかった。紙の味しかしない。肝心の香りは、アイコスよりは臭わないけど、鼻に抜ける熱気とむわんとした大豆?の香り。ちょっとヤバい。俺はタバコが吸いたいのである。決して穀物を吸いたいわけじゃない。

プルームテック(JT・日本たばこ産業株式会社 日本)
20170818-vape-ploomtech-1
  • 持った時の印象
    なんか懐かしい感じの偽タバコ風情。軽いけど金属製シリンダータイプの万年筆っぽい。タバコっていう視点で見ると煙管みたいな道具感。ガワの質感は結構良い印象だった。試喫したときは使い捨てマウスピースを付けた状態。

  • 吸った感
    最近はほぼ口腔喫煙にしてけど、試喫はもちろん肺まで入れる。思いのほか吸いやすかった印象。つまり軽い。喉へのキック感はあった印象。ニコチン感が無い。けど軽いニコ酔いがあったからやっぱ入ってるんだな~って思った。

  • タバコ感
    タバコとは言えない感じ。タバコじゃないだろコレ。お菓子?って第一印象。

  • 香りと旨味
    香りってのが判りずらいので、それを確認したくて試喫では鼻から出したりした。タバコじゃないけどタバコ的なフレーバーが判る感じ。紙臭さや焦げ臭さが全くない。肺喫煙したときの満足感はそこそこあった印象。


この中で一番求めやすいのは、PM社のアイコスかな?
これ等のe-cigaretteタイプは、タバコ葉本来のタールの旨味を無くす代わりに100%ニコチン摂取マシンとして支持されている様子です。
アイコスとグローの二機種は、紙巻きタバコの延長線上に存在してる加熱式タバコって印象なので、おのずとユーザーもそれほどタバコの味には拘らない一般的な元喫煙者が多いような気がする。

僕が最初の試喫で気に入ったのが加熱式ではない電子タバコのプルームテック。
喫味の爽快感と異臭が無いってのと、喫煙したときのスマートな見た目、初期費用が低コストという理由でプルームテックを導入したわけですが、タバコってのとはまた別種なので手巻きや煙管と使い分けてます。オーガニックや黒タバコ系はシャグや刻み、着香・ミント・メンソール系としてプルームテックを選んだ感じ。

まぁでも、煙管に刻みや手巻きタバコが最高に美味しいですよね?
喫煙席をけむりまみれにしてしまえゲリラからの最後の感想





20170913-vape-ploomtech-mouthpiece-1
20170913 ploomTECH mouthpiece 2p/850Yen

さてさて、タバコの買い出し先でプルームテックの純正オプションを求めてみる。
マウスピースっていうか吸い口。
20170913-vape-ploomtech-mouthpiece-2
デザインは良い感じだけど、素材的に値段ちょっと高いかなっていう。
でもでもこの吸い口っていうかマウスピースが実に良い感じ。


純正マウスピースにしてみたメリット
20170914-vape-ploomtech-mouthpiece
  • 見た目がなんとなく煙管っぽくなる(※最重要項目)
    ※これにも似てる...
  • プルームテックは通常のシガレットより太目なのでちょっと吸いにくいのですが、
    この吸い口でそれも解消。唇を閉じたままでスマートに喫煙出来る。
    これだけでもメリット大。
  • そして、吸い口が絞られる為に若干キック感が強くなる。
    併せて、クールスモーキングのように優しくゆっくりと吸う事も簡単になる。
  • タバコカプセルに密着する構造なので、外すと一緒にカプセルも付いてくるけど
    ソフトケースに収納するときに都合が良いかもしれない。
  • 吸い口が机上等に横置きしても触れないので衛生的。
    ピースは何度も洗って使用することが可能。

50パフ吸い終えた後は、シケカプセル?をVAPEのARCUSで吸う事が多いのですが
20170914-vapeonly-arcus-ploomtech-mouthpiece
前述したとおりマウスピースはタバコカプセルに密着しているので、
抜いてそのままARCUSに装着出来ます()
うーん良い感じ。これは良い買い物だった☆


銀製とかチタンとかのマウスピースもそのうちどっかで出すのかな
煙管っぽい吸い口がいいな←

ちな、純正じゃなくても使えりゃ何でもいいって人には
お買い得な互換タイプのマウスピースもあるようです。


25個入りで500円!!! 


そして、
いよいよっていうかお待ちかねのニュース


プルームテックに新しいフレーバーが登場するらしい
pic_main
JTのプレスリリース
新しいフレーバーは11月上旬発売。カフェモカが気になるなぁ。
それと、10月30日から都内の販売店舗を400店に拡大するみたいで
近所のタバコ屋やコンビニでタバコカプセルが買えるようになる様子☆

しかしJTさん、まだまだ国内でも販路が限定的なプルームテック
七月にスイスで発売開始してるらしいんだけどなんかバタバタしてる印象だよね。

そんなわけで、
五日ぶりにプルームテックを吸ってるけど
これホント、最初の数パフが超絶美味しいんだよね(紫カプセル)

一回吸いだすと止まらなくなるので暫く吸うの止めてました

じっさいお金も掛かるしね...


っていう
吸い口ねた






↑このページのトップヘ