プロ妖精ぺぺやま

けむり家計簿(節煙ブログ

タグ:村田煙管

20170430-kiseru-murata-bigbowl-1
20170430

なんだか異様に火皿が大きい古煙管をサルベージ...(手前の煙管
20170430-kiseru-murata-bigbowl-3
大きな火皿の煙管は中国とか朝鮮とか東南アジアのタイプらしいんだけど
これは雁首の形とか普通に日本的...っていうか国産だった。
20170430-kiseru-murata-bigbowl-2
時々、フリマやヤフオクでジャンクで転がってる「村田」刻印の煙管...
まー村田煙管って言ってもそんなところでお目にかかれるのは安物だし、
もしかしてパチモンかもしれない。
画像でも確認できるけど、火皿と雁首のセンターが合ってない(歪みすぎ)
エラー品なのか...とても粗悪な作り...戦後間もないころの煙管かな?
村田煙管は前も買ったけど、それはしっかりしてる。
20170501-murata-kiseru-bigbowl-7
因みに全体のサイズやデザインは違うけども、吸い口先端の意匠は以前入手した物と全く同じ。
なので村田煙管っていうことは間違いないんだけど()

とりあえず、適当にクリーニングして羅宇の交換をした。
20170501-murata-kiseru-bigbowl-2
気持ちロングにした(八寸ジャスト24㎝
20170501-murata-kiseru-bigbowl-1
吸い口外すの本当厄介(折れた
前の羅宇にはよく見かける渦巻模様が薄っすらと残ってる
20170501-murata-kiseru-bigbowl-8
いやホントに火皿大きすぎ。刻み煙草用じゃない気がするよ。
戦後の物不足時代に手巻きタバコの配給とかあったらしいんだけど
※JTのサイト参照

ph_07
※JTサイトより引用画像(因みに画像にあるローラー、某所で見つけたことあるんだけど買っておけばよかったかも。アルミの土台にローラー部分が木製だった。)

もしかしたら、当時の配給手巻きタバコの葉っぱや、闇市で出回ってる粗悪な煙草葉を吸うための煙管かもね(推測
※追記 戦後の貧しい時代に「モク拾い」って呼ばれた仕事があったらしい。もしかしたらそういったシケモク葉用の煙管なのかもしれない(これまた推測
※追記 ちなみに当時は配給された巻紙も不足していて、コンサイス英和辞典のインディアペーパーで代用していたみたいです(辞書の紙でシケモク巻くのは学生時代に私もやったことがある
ってことはこーゆー煙管も重宝したのかな???

それにしてもジャンクそのものの雁首...ベコベコである...
裏が特にひどい(何故裏が)

火皿テスト
20170501-murata-kiseru-bigbowl-4
チョイスのダブルチェリー(サンプル)を皿いっぱいに...
20170501-murata-kiseru-bigbowl-5
どうなんだろうねコレ()

火皿が大きい分、葉っぱの火種も大きくなってしまう
つまり火皿が異常なくらいに熱くなるっていう...雁首触って軽い火傷なんて初めてだよ()

どうして日本の煙管の火皿が小さく進化したのか何となくわかったわ...
小さいほうがおいしくふかせる

でもでも~、これはシャグの残り粉や、シガレットの葉っぱ用に使えそう。
※粉シャグに使ってみたけどイマイチだった()
普通の状態の手巻きタバコ用シャグも火皿の煙道から少し抜けて、口に葉っぱが入ってしまう。
ということは、もしかしたらこれは一般の紙巻きたばこ用の刻みが大きく荒い葉っぱを吸うための煙管なのだろうか。刻みはどう考えても煙道に落ちそうで試してない。
因みに火皿が大きいから長くふかせると思って計測してみたけど、普通に手巻き用シャグを煙管で吸った時間(長くて5分程)と大して変わらない。火皿に入る量を考えるとむしろ燃焼が早すぎるっていう...それと、口腔喫煙してるはずなのにニコチンの摂取量が多めに感じる。手巻きで喫煙するよりも明らかに多い。


っていうデカ皿ネタ










20160714-ryo-manitou-kiseru
20160714 MANITOU ORGANIC  30g/800円 ドイツ製 欧州価格4.50ユーロ

煙管でマニトウ・オーガニック (茶屋にて
初めて買ってみた、福一煙管の彩っていう16センチくらいで二千円前後の安い煙管
可愛らしい煙管なんだけど作りがしっかりしてて使い易い。
 20160717-ryo-kiseru-3
 20160717
二本目に買った煙管でペペリッチ
村田ってトコの標準サイズの煙管にて茶屋(※村田って刻印があるから多分村田製

煙管でふかすと、紙燃やさないからタバコ本来の香りがたのしめる!!!

煙管すごい!!!

しかも吸って短くなったフィルターなし手巻き煙草を余すことなく最後まで吸える!!!
シガレットホルダーにもなるのだった!

昔の人、すごい!!!


っていう


ちな、マニトウ・オーガニック
甘くておいしかったけど、半分くらい粉だった...
あと無駄に高い(おかしい

ドイツのサイトぐぐったらすごい安い...550円くらい...
ペペリッチと変わらん値段だった...
ペペは4.2ユーロで秋山産業っていう代理店通して国内は690円でまぁ納得の内外価格。
マニトウ・オーガニックは柘製作所経由で800円www 

正直味はそれほど変わらないこの同メーカーのバージニアたばこブランド

いろいろおかしい

二度と買わん




↑このページのトップヘ