プロ妖精ぺぺやま

けむり家計簿(節煙ブログ

カテゴリ: 特別記事

20170922-snus-alcapone-vanilla-1
20170922 Al Capone VANILLA SNUS(sample)

さてさて、お初の...というか初めてスヌースを嗜んでみた...
以前貰った試供品を思い出したので...アルカポネ・バニラ。
ちな、シガリロのアルカポネ・ポケットは以前ふかしている(美味しかった
20170922-snus-alcapone-vanilla-2
ポーションと呼ばれるパウチ 試供品は三袋入り

スヌースは、18世紀初期からスウェーデンで嗜まれてるタバコの種類らしい。
いわゆる、無煙タバコ。

※スヌース WIKI参照リンク


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スヌース セット
価格:5250円(税込、送料別) (2017/9/22時点)


因みに、ムーミンに出てくるヘビースモーカーのスナフキンは原作の(っていうか原作者のトーベヤンソンさんもヘビースモーカーやな)スウェーデン語名のスヌス・ムムリクの英語の当て字らしい。「嗅ぎタバコ野郎」っていう感じの意味だそうです。スヌスは北欧の口腔用タバコなので他ユーロや英語圏では鼻から嗅ぐスナッフタバコだからスナッフキンにされちゃった感じなのかな。スナッフタバコとスヌースはまた種類が違うんですね(おおざっぱ

とにかくスヌース、歯茎と頬の間に挟んで、唾液で吸う???いや、なんだろう...
とにかく水分でジュースを飲む???感じのタバコ(わからん
嗅ぎタバコはちょっと粘膜に抵抗あるので遠慮してたのだけどもね。
味はお酒みたいで美味しい。あと、ニコチン結構キマすねコレ。

まぁでも、紙が口の中にずっとあるっていうのが気になるねスヌース。
ニコチン摂取にはうってつけではないでしょうか。無煙だし。


と、
無煙というか水蒸気だけど


プルームテックのカプセルに
アルカポネ・バニラのスヌースを詰めてみる。


20170922-snus-alcapone-vanilla-ploomtech-cp-1
フィルターはスモーキングのレギュラーを二分割
20170922-snus-alcapone-vanilla-ploomtech-cp-2
スヌースは本当に粉末である。ココアパウダーみたいで美味しそう()
20170922-snus-alcapone-vanilla-ploomtech-cp-3
プルームテックのタバコカプセルに詰め詰め
20170922-snus-alcapone-vanilla-ploomtech-cp-4
VAPEのARCUSにセット
20170922-snus-alcapone-vanilla-ploomtech-cp-5
しゅわしゅわぷかぷか


以前テストしたシャグの詰め替えでは、生臭くて気持ち悪くなるような喫味だったんだけど
※フランドリア・ブラックでテストした記事
※チェのメンソールでテストした記事
そちらのお味は別記事参照...

このスヌースの粉末を使うのはアリかもしれない。
ちゃんとアルカポネのバニラ&お酒フレーバーと香りがするのであった。
ふつーに美味しく吸える。なんかリトルシガーが薄くなったような喫味。
ニコチンも入ってきてる気がする。気持ちニコ酔い気味になる。

ただただデメリットがあって、すぐにドロー悪くなって味も持続しないという...
まぁこの辺はやっぱりVAPE(電子タバコ)専用で調合されているタバコカプセルの方が当たり前だけど全然良い。
あとやっぱ、安全性っていう面でどうなんだろうっていう。

※厚生労働省 無煙たばこ・スヌースの健康影響について

すぐに吸えなくなるから、これメインで加工してVAPEするのは割高になると思うしちょっと意味無いしめんどくさい。

シガリロ風味のたばこカプセルをJTは出すべきである。

つうか発売予定のカフェモカを早く味わってみたい。


っていう、スナフキンねた





さてさて、時々机上では電子タバコのお世話になってるので
国内で吸える大手タバコメーカー三社の電子タバコと加熱式タバコの味くらべ記事を書いてみる。

電子タバコとは?→WIKI(※加熱式タバコのリンク含む)

けむりフレンズなプロ妖精ぺぺやまさんにとっての「タバコ」
あくまでも煙の香りや味わい重視です。ニコチン摂取は二次的なものです。

タバコなんて嗜好品なので、
初めて吸った第一印象で全てが決まると思うのです。
何も無理して合わない味わいに「慣れる」必要は無いのです。
慣れる行為ってのがイミフで理解出来ないことをあらかじめ書いときます。

味比べは、
所有してるのがプルームテックのみなので全て最初に吸った一本の感想


アイコス(フィリップモリス社 米国)
20170429-iqois-tasting
  • 持った時の印象 
    なんかガジェットって感じで良い。ホルダーはコンパクトで見た目もかっこいいかもって思った。

  • 吸った感
    最近はほぼ口腔喫煙にしてるので、アイコスを肺喫煙したときはニコ酔いしてしまった。ニコチンはかなりきつい印象。

  • タバコ感
    タバコとはまた違うけど、シガレットに感覚が似ているかもしれない。

  • 香りと旨味
    これが駄目で、それまで購入しようか悩んでたのが一瞬で白紙になった。臭い。タバコには良い感じの「臭い」匂いがあるものだけども、これは別種の本当の臭さ。パンや焼き芋っていうけどまた違う香り。多分、紙を蒸した匂いだと思う。普通にパンやお芋や紙巻きシガレットの方が香りが良いと思った。あと熱気がアウト。

グロー(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社 英国)
20170819-glo-kent
  • 持った時の印象 
    なんかガジェットって感じ。けど、ホルダーとバッテリー一体型で手に持つにはデカい。昔のMP3プレイヤーのよう。マシンの質感はアイコスよりも良い。

  • 吸った感
    最近はほぼ口腔喫煙にしてるので、アイコスを肺喫煙したときはニコ酔いしてしまったのだけども、これはニコチンは若干薄い印象。

  • タバコ感
    タバコとはまた違うけど、シガレットに感覚が似ているかもしれない。

  • 香りと旨味
    味が無い。味覚障害になったかと思ったほど味が確認出来なかった。紙の味しかしない。肝心の香りは、アイコスよりは臭わないけど、鼻に抜ける熱気とむわんとした大豆?の香り。ちょっとヤバい。俺はタバコが吸いたいのである。決して穀物を吸いたいわけじゃない。

プルームテック(JT・日本たばこ産業株式会社 日本)
20170818-vape-ploomtech-1
  • 持った時の印象
    なんか懐かしい感じの偽タバコ風情。軽いけど金属製シリンダータイプの万年筆っぽい。タバコっていう視点で見ると煙管みたいな道具感。ガワの質感は結構良い印象だった。試喫したときは使い捨てマウスピースを付けた状態。

  • 吸った感
    最近はほぼ口腔喫煙にしてけど、試喫はもちろん肺まで入れる。思いのほか吸いやすかった印象。つまり軽い。喉へのキック感はあった印象。ニコチン感が無い。けど軽いニコ酔いがあったからやっぱ入ってるんだな~って思った。

  • タバコ感
    タバコとは言えない感じ。タバコじゃないだろコレ。お菓子?って第一印象。

  • 香りと旨味
    香りってのが判りずらいので、それを確認したくて試喫では鼻から出したりした。タバコじゃないけどタバコ的なフレーバーが判る感じ。紙臭さや焦げ臭さが全くない。肺喫煙したときの満足感はそこそこあった印象。


この中で一番求めやすいのは、PM社のアイコスかな?
これ等のe-cigaretteタイプは、タバコ葉本来のタールの旨味を無くす代わりに100%ニコチン摂取マシンとして支持されている様子です。
アイコスとグローの二機種は、紙巻きタバコの延長線上に存在してる加熱式タバコって印象なので、おのずとユーザーもそれほどタバコの味には拘らない一般的な元喫煙者が多いような気がする。

僕が最初の試喫で気に入ったのが加熱式ではない電子タバコのプルームテック。
喫味の爽快感と異臭が無いってのと、喫煙したときのスマートな見た目、初期費用が低コストという理由でプルームテックを導入したわけですが、タバコってのとはまた別種なので手巻きや煙管と使い分けてます。オーガニックや黒タバコ系はシャグや刻み、着香・ミント・メンソール系としてプルームテックを選んだ感じ。

まぁでも、煙管に刻みや手巻きタバコが最高に美味しいですよね?
喫煙席をけむりまみれにしてしまえゲリラからの最後の感想





20170906-shag-che-green-1
20170906 che shag menthol (sample)

さてさて、お初ではないが二回目のシャグ(のサンプル)
チェ・シャグ・メンソールをふかしてみた。
実はタバコ葉のメンソールっていうのが正直あんまり好きじゃない
でも、生まれて初めて吸ったタバコは洋モクだった頃のセーラムだったりする。
20170906-shag-che-green-2
生葉っぱ
20170906-shag-che-green-4
フィルターつけてハンドロールぷかぷかうまうま☆

でも美味しい...吸いやすいから久々に肺喫煙でも吸う。
喉越しが良い感じ。
半分はふかし(口腔喫煙)と喉元で最後までふかす。
これまた鼻に抜ける香りとか清涼感が倍増でうまうま☆
メンソールもいいかもしれないよね...
20170906-shag-che-green-3
煙管でぷかぷかうまうま☆

このメンソール成分ってタバコ葉にまぶしてあるのかな。
とても吸いやすくて美味しかった。
たまに吸うのに良いかもしれない。



...というわけで


プルームテックのカプセルにこのメンソールシャグを詰めてみる()

20170906-shag-che-green-5
粉上にするのめんどくさいからこのまま
20170906-shag-che-green-6
詰め詰め
20170906-shag-che-green-7
最近フィルターを時々付けるから買ったやつ詰め詰め
20170906-shag-che-green-8
VAPEにて...


これは...

まったくメンソールの味もしない...

それどころか、魚の味がする...

つまり生臭いのである...いったいぜんたいなんなの...

すっげぇ不味い←


メンソール成分の不思議
いったいどこへ消えてしまったのだろう


っていう素朴な疑問



でも、スタンレーのチョコフレーバーシャグはチョコっぽい香りだけはしたんだよね

旨くはないけど←


っていうメンソールねた






20170822-ploomtech-re-shag-1
20170822 ploom TECH & flandria black shag

さてさて、プルームテックである...
この電子煙草って最新の技術はタバコカプセル部分らしいよ
本体は昔からある電子タバコだって。
で、カプセル分解してみたんだけど、
もしかして...とggったら、やっぱりやってる人がいたので真似してみる

そう、粉タバコの詰め替えである()

※追記カテゴリー タバコカプセル詰め替え実験
9/07 チェ・シャグ・メンソール(サンプル)&ploomTECHカプセルに詰めてみる
9/22 プルームテックのカプセルにアルカポネ・バニラ(スヌース)を詰めてみる


20170822-ploomtech-re-shag-2
愛煙してるフランドリア・ブラック。
手巻きタバコ嗜んでる方々がいつも困るのが、粉シャグ。
それをカプセルに詰め替え←
20170822-ploomtech-re-shag-3
フィルターは使用後のヤツ、使ってる。
まぁこんなもので良い気がする。代用あればいいけどね。
薄紙で側面包まれたフィルターってないから...

んで、吸ってみたんだけど...
フラ黒の鰹節臭が何となくする程度であった!!!
まったく黒タバコの味なんてしない。つうか魚の味がする()
20170822-ploomtech-re-shag-4
蒸気が足りないと思い、VAPEに挿してグリセリンリキッドのみでふかす

...あんま変わらん...

っていうか、プルームテックの紫カプセルの方が数倍美味しい。
流石、たばこメーカーだと思った←


まーなんていうか、タバコ葉ってのは燃やしてタールの旨味をふかしてるから
当たり前の結果っちゃー結果なんですねコレまぶ

でも、ニコチンみたいのは吸収できます。
結構ニコチン入ってくるのは判る。
←気のせいでした(汗

プルームテックのたばこカプセル、現在三種類しかないわけなんだけど
これってよっぽど技術が進化しないとあと数十年は多分タバコ味の電子タバコってのは出来ないんじゃないかしらね。加熱式もそうだけど...タバコ葉加熱したり、蒸気通して蒸したりってのは本来の嗜み方では無いのだろうね。

ってことは、やっぱり完全にタバコ葉から離れて、VAPEなんかのニコチンリキッドに香料ってスタイルが進化していくのかな???


とか、わりとどうでも良いことを考えてみた(フリ
20170822-shag-frandria-black-kiseru
夜、なるべく自宅ではプルームテックにしてるので喫煙欲の衝動がすごい()
茶屋に入って煙管ふかしまくる人モクモクぷかぷか
20170822-shag-frandria-black-handrolled
フラ黒うめぇえええええ☆
20170822-cigarillo-cafecreme
シガリロうめぇえええ(大笑

世界を煙だらけにしてしまえ!!!()




っていう、シャグ詰め替え実験







handrolled-cigarette-1
Roll-Your-Own Cigarette

さてさて、手巻きタバコを始めて1年近く経ったのでまとめ記事
手巻きたばこの啓蒙活動である←


【手巻き煙草/R.Y.Oとは】

簡単に言ってしまえば、自家製シガレットの事。
自分で巻く紙巻きタバコ、つまりRoll-Your-Own Cigarette
その頭文字からR.Y.Oとか、まんまHand-Rolled Cigaretteと呼ばれる喫煙方式。
我が国の一般財源なので、タバコ葉は自分で栽培して吸うと怒られる(っていうかタバコ葉の自家栽培はアレと違い個人じゃ無理だと思う)ので市販のシャグと呼ばれる刻み煙草を使用する。
handrolled-cigarette-shags
シガレットは元々は西洋の喫煙文化。中でも手巻きタバコはシガレットの元祖。
とても原始的な紙巻きタバコなのである。
したがって、使われるシャグもほとんどが海外製である。
※煙管用の刻み煙草は、独自の発展で400年ほどの歴史が日本にある。これは全く別物である。
20170303-shag-redbull-halfzware-4
シャグ形式のタバコ葉。巻きやすいようにかなり長細く刻まれている。
大体20~50g程度で各ブランドがパウチケースで展開している。
フレーバー付きから無添加無着香まで割と種類はたくさんある。

【R.Y.Oのメリット】
  • どういうわけかとにかく美味しい...
  • 市販のシガレットよりも経済的と云われている
  • 自分で詰めるタバコ葉の量を決めたり、各種シャグのブレンドが容易
  • 巻紙を自分でチョイスして、好みの喫味に出来る(かも
  • 巻紙によっては燃焼速度が遅い為に、長い時間喫煙可能なタバコもできる(かも
  • 古典的な両切りタバコが作れる。シケモクが出ない(フィルターレスの場合
【デメリット】
  • 巻くのメンドくさい()
  • 都心も田舎も、そもそも巻紙やバラのタバコ葉なんて近所のコンビニやタバコ屋に売ってない
  • つまり、気の利いたタバコ専門店まで買いに行かなくてはならない※通販便利かも
  • 自家製なので味にバラつきがある(かも
  • タバコ代節約できる~ナニコレうめぇ~!!!はにはに~!と永遠チェーンスモークして結局市販のタバコ吸うのと変わらないタバコ代+それ以上に喫煙量が増える(かも
  • 外で巻いてるとWEED厨の酔っ払いと勘違いされる(かも




【巻く道具】

ローラー

※画像はアフィリエイトです

自家製タバコ製造巻き機。
ウチはRAWのワンクォーターサイズ用のやつを使用(時々

巻紙(ペーパー)

※画像はアフィリエイトです

各ブランドいろんな巻紙売ってる。
ウチは大体、付属巻紙かスペイン製のスモーキングブランドがメイン。
※スペインって紙巻きタバコの発祥地のような気がするから()


フィルター

※画像はアフィリエイトです

フィルターは...
正直、美味しくて濃厚なタバコを「ふかす」なら必要ないかも。
まーでも、充分加湿された無添加100%のバージニアを肺喫煙する人は絶対つけたほうが良い(タール凄い
ウチが使ってたフィルターは画像のZENってブランド。200本入りでなんかお買い得感。
細巻き用にスリムフィルターやメンソールフィルターなんてのもある。
因みに、口腔喫煙派になったのでフィルターは殆ど使用していない。
紙巻きタバコはそれまでのタバコ葉で巻く手巻きから紙による手巻きタバコ、以降資本による工場生産になって、口付き煙草、両切り煙草、現在に至る(肺喫煙用の)フィルタータバコに進化したようである。
つまり原始的な手巻きタバコ(葉巻含む)は「ふかしタバコ」が基本である。フィルターは邪道なのだ(まぁケースバイケース


【他、あると便利なもの】


ヒュミドール



※画像はアフィリエイトです

シャグや刻み煙草を加湿する為の道具。 シャグによっては加湿しないと美味しく吸えないものも存在する。 ウチが使ってるのは植木鉢みたいな素材の小さな奴。(植木鉢の破片でも良いかもしれない)
最初はタッパーに小分け加湿とかしてたけど、今はパウチにそのまま放り込んで適当に巻いてます。
というか、2日3日でパウチ消費するので最近は滅多に加湿しないかも。


ローラーボックス

携帯外出用にこんなんもあるらしい。
シャグとペーパー入るし、簡単操作でタバコが巻けるボックスマシン


シャグポーチ

※画像はアフィリエイトです

シャグやペーパーを普段持ち運ぶのに最適。
ウチが使ってるのは画像のMAVAってブランド。
イタリア製はカジュアルで安い。ユーロ価格2,800円くらい。
国内でも5,000円未満で買えるし、小さいからパウチ選ぶけどコンパクトなのが良い人にはオススメ。
他にも、シャグブランドのおまけでポーチなんてのもある。


シガレットホルダーやミニ煙管


※画像はアフィリエイトです

フィルターレスで巻いたタバコってのは、どうにも指が黄色くなったりする
そんな時にはシガレットホルダーなんて良さげ。
因みにウチは、両切りを最後まで吸うために煙管を愛用している。
以来、白魚のような指に戻った()




【早速巻いてみよう!】←()
handrolled-cigarette-2
巻き機(ローラー)をくぱぁします()
奥まで深い溝が出来るのを意識して、くぱぁ~こねこねって感じで(いみわからん
handrolled-cigarette-3
シャグを詰めます(詰める量はくぼんだ部分の半分強の量で良いらしいけど、まぁトライ&エラーでお好み量を決めましょう)
handrolled-cigarette-4
詰めたら閉じます
んで、くるくるします。シャグがくるくるぐりぐりって〇〇〇の形になっちゃう~らめぇっ!!!()
handrolled-cigarette-6
くるくるぐりぐりされた割れ目にティッシュ
ローラーの隙間に巻紙をそっとハメハメします
この際、ローラーと水平になるように綺麗に差し込んでください。
紙の向きは、糊付け面が手前に来るように。
handrolled-cigarette-7
画像では片手ですが、両手を使って手前にロール部分をくるくるします。
紙の糊付け部分が少し出た程度で止めて、舐め舐めします。
ぺろんぺろんちゅぱぱぱってやるのはやめてほしいおねがいだから
handrolled-cigarette-8
じゃーん!完成!

しかしウチのローラーはワンクォーター用でこの巻紙はレギュラーサイズ
フィルターレスで巻いてるので、このように端っこに空洞が。
フィルター付ける場合も丁度都合よいかも。出っ張ったフィルターとんとんって詰めれる。
handrolled-cigarette-9
ねじねじします(終了



個人的には巻きたばこを作って置いて外で吸うことは滅多にしません。
大体外出先ではその都度ハンドロール、本来の手巻きタバコ/hand rolled cigaretteをふかしてます。
handrolled-cigarette-hand1
ハンドロールはフィルター無しだと慣れれば簡単
handrolled-cigarette-hand3
巻き巻き
handrolled-cigarette-hand2
詰め詰め※詰めないときもある


市販シガレットも安定した美味しさですが、自分で調整して巻いたタバコって美味しいのです。
ちょっと覚えれば、シャグとペーパーだけでタバコ吸えちゃうのでシンプルでエコなのです。


次回は、煙管の吸い方まとめ記事書く予定




↑このページのトップヘ