プロ妖精ぺぺやま 

けむり家計簿(節煙ブログ

カテゴリ:煙管/喜世留 > 刻み莨

20170514-kiseru-takarabune-renew-1
20170514 TAKARABUNE 20g/500Yen Made in Germany

さてさて...宝船の刻み莨がリニューアルしてるので買うてみた。
前回、アメリカンブレンドがあまり好みじゃないことに気付いているのだけども
原産国が変わったってことはそれなりに葉っぱも変わってると思うので買う。
20170514-kiseru-takarabune-renew-2
製造国がドイツ連邦共和国になってる
前はベルギー...まーどっちも同じようなものなんだろうか(ぇえええ
20170514-kiseru-takarabune-renew-3
誤植()
20170514-kiseru-takarabune-renew-4
刻みの細かさは申し分ないほど繊細。この葉っぱは固まってない。
個体差???割と粉っけがあるようなそうでもないような...
20170514-kiseru-takarabune-renew-5
オンザヒザラー
20170514-kiseru-takarabune-renew-6
ぷかぷかうまうま☆

前回ふかしてから時間経ってるので比較っていうとちょっとアレ
でもでも、なんだろう美味しい...
前ふかしたときは、ちょっと味が詰まった感みたいのあったけど
今回はしょっぱなから良い感じ。
アメリカンブレンド的なあんまり好みじゃないあの甘さが目立たなくってこっちの方が良いかも。
でも前よりもこっちの方が濃い喫味かも。
って、単に好みの変化なのだろうか()



番外編
20170514-cigarettecase-1
昭和キッチュ感あふれる自宅用(ながら作業用)タバコセット

古友におさがりでもらったシガレットケースを机上用に活用。
(※アイコスに変えた為、喫煙具が要らなくなった様子。ターボライターも貰った☆)
タバコを巻くときは、ながら作業用に長く吸いたい時。
巻き貯めってほとんどしないが、自宅で吸うように時々巻く。
20170514-cigarettecase-2
久しぶりにフィルターを付けて機械巻き(ローラー)してみたりもする。
気分はシガレット製造ロボットにんげんである。
チェ・ブルーを付属巻紙とZENのフィルターにて...やはり機械巻きすると、既製品シガレット並みの安定した美味しさでタバコがふかせる☆
(...のだが、13日夜に開封したチェ青、シガレット風にきっちり詰めたせいか約1日半でパウチ25gが無くなってしまった。最短記録である。5/15追記)
因みに本来は、味が薄くなるのとシケモク出したくないのでフィルター付けるの嫌いらしい()
しかも何故か外には持ってかない。まぁ気分である。
タバコの巻き貯めしたのって何故か時間経つと美味しくなくなる。
外出先では煙管かその都度ハンドロール(手巻き)や既製品がベスト(当社比


っていう個人的メモ





20170225-shag-takarabune-1
20170225 TAKARA-BUNE 20g/500yen 1g/@25yen ベルギー製(柘製作所)

先日買うたお初のシャ...では無く刻み莨。「宝船」を始めてみた。
なんでもパッケージなどが変更になるらしくって現行製品は終了?
いつものお店で先週は大量に見たのに昨日は全部売り切れだった。
なので別の店覗いたらいたので確保。
今までスルーしてたのは、日本式煙管用刻み莨というジャンルなのに日本製じゃないタバコ葉だから。
まぁ物は試しである。
20170225-shag-takarabune-2
こちらは柘製作所の製品。
20170225-shag-takarabune-3
流石、パイプ屋らしく煙管の意匠なんかが印刷してある。
20170225-shag-takarabune-4
刻みの塊 結構水分含んでるっぽい
20170225-shag-takarabune-5
西洋の手巻きタバコ用シャグ(ファインカットというらしい)って種類はシャギーだからシャグだと思うんだけど
このタバコの刻みはそれらよりも随分細い。刻み莨って感じ。
でも日本の刻み莨(エクストラファインカット???)には程遠い刻みである。
ヴァージニア主体のキツネ色系葉っぱにバーレーが混じってるらっすいぃ
所謂、一般的なタバコブレンドだそうな(アメリカンブレンドっていうんだって
20170225-shag-takarabune-6
刻み莨だけに火皿への納まりはとても良い
ちな、この煙管は五寸で若干小さ目な火皿
20170225-shag-takarabune-7
キセリングぷかぷか

喫味は...
まだ今もちょっと残ってる、チェのオリジナルシャグ(赤パケ)と同じ系統...
あーこういうのをアメリカンブレンドって云うのか~と勉強になった。
実はこういう甘ったるい味って苦手ということが判明した私()
でもでも、途中で飽きてしまったチェ赤と味の傾向が似てるんだけど、それよりも甘さ控えめでもうちょっと引き締まった味わい。
チェ赤よりも最初の一服は勿論濃いキツ目な印象。
20170225-shag-takarabune-8
翌日朝ぷかぷか

喫味の印象変わらず。味に慣れてきた。

ここで、チェ赤とどう違うのか両方吸いながらテイスティング
20170226-shag-che-red-vs-takarabune-1
こうでもしないと判らないのです()
20170226-shag-che-red-vs-takarabune-2
うむm

20170226-shag-che-red-rollyourown-1
チェ赤の方がやっぱり随分と甘ったるい後味なんですよね
宝船の方がまだマシって感じかな
20170226-shag-che-red-rollyourown
残ったチェ赤は、珍しくローラーで巻き貯めしてネオスミニの缶へ。
ながら作業用煙草である。


思ったのは、宝船の方は火持ちそんなに良くない。
シャグのチェの方が長く持つ。
さっぱりしてて濃いのは宝船。グラム単価が25円と少々お高い。

ふと、小粋のようなオーガニックで雑味がない香ばしいタバコって
他ではなかなか無いという事をあらためて知ってしまったようが気がしたのである。

まぁ、宝船が好きな人にはさっぱりしてて良いのかもしれないけども。

私はやっぱり、小粋が一番好きだな...あと黒系とハーフスワレとシガリロが好きかも。
柘製作所はベルギーメイド出せるのならまた黒系の刻み売ればいいのに。


っていう刻みネタ




 

20170112-ryo-kizami-koiki-izumi-1
20170112 小粋 出水刻  10g/380円 

さてさて、今回の出水刻で小粋ブランドの刻みは全て吸った事になる。
通常の小粋は様々な国産煙草葉がブレンドされていて、今回の出水(いずみ)、達磨、松川といった刻みは個別の葉っぱらしい。出水刻みは鹿児島産、在来種の葉タバコだそうです。
シャグが今日なくなりそうだったので、予備にこの小粋とエステバンのシガリロを一本持って出掛けたのですが予想通り茶してたらフラ黒が終わったので開封。レビュー用に画像を撮る()
 20170112-ryo-kizami-koiki-izumi-3
銀パウチ(まぶひぃ
20170112-ryo-kizami-koiki-izumi-2
 キツネ色※茶屋の照明色とポンコツスマホのカメラが低能の為、若干画像の彩度落ちてます。
葉っぱの香りがなんかちょっとお茶っぽい。お香とお茶みたいな匂いでなんか落ち着く香り。
20170112-ryo-kizami-koiki-izumi-4
思いつきでみかんの皮を急遽入れる(スーパー帰り
20170112-ryo-kizami-koiki-izumi-5
勿論すぐには加湿されるわけがないのですが一応試し吸い

松川、達磨もそうですけど、通常の小粋よりも若干重い感じなんですが
出水刻も重い喫味ですね。結構濃厚な味わいです。
達磨が結構動物的な野生っぽい味だったんですが、出水は植物ちっくな野生的な味わい(全く何言ってるのかわからんw
これはかなり美味しいかも知れない...あと最近気付いたのだけども、小粋の刻みってシャグより変な雑味とか無いんですよね。
出水が一番好きな味わいかもしれない...ちと、しばらくふかした後で追記修正する予定。

※0117追記 二日で吸ってしまいました...かなり美味しいです。今までシャグを煙管でふかす癖が付いていたせいか、少し刻み莨の吸い方を間違えていたようで、セオリー通りに吸い始めたらもう滅茶ウマでした。
煙管と刻み莨の嗜み方は他の喫煙具に比べてとても簡単なんですが、本来の美味しさを引き出すのは少しコツが要るようですね。煙管喫煙方法については、別記事で書いてみたいですね!!!



番外編
20170112-cigarillo-time-trial-2
シガリロタイムアタック(リベンジ

ドンエステバンのシガリロ、一回目27分でもうちょっとふかせないかということで今日茶屋で時間測る()
20170112-cigarillo-time-trial-3
なんと、前回と同じ27分だった!!!
これそういうふうに造られてるの?27分仕様なの!???(イミフ
20170112-ryo-hand-roll-1
フラ黒しゅうりょう

1/6午後から開封したフランドリアブラックとのちに併せて開けたスタンレーORGが無くなる。
今回は55gなのに6日しか持たなかった。しかもその間、小粋10gとシガリロ計6本とプレミアムシガー1本吸ってるのでメチャクチャたばこ吸ってるような気がするよ(ふかしすぎだよ!

今回の小粋はどれくらい持つのでしょうか...


っていう刻みねた





それはそうと、シャグポーチも良いけれど叺(刻み入れ)も気になるね...





 

20170105-ryo-shag-koiki-daruma-1
20170105 小粋 達磨刻 10g/380円

本日01/05にフラ黒とプエブロ・ピンク終了 昨年12/30開封なので6日で55g消費
なので昨年求めた小粋の達磨を開封...
20170105-ryo-shag-koiki-daruma-2
銀パウチ(ギラギラ
20170105-ryo-shag-koiki-daruma-3
 気持ち焦げたようなきつね色系(※画像は彩度あげてる
20170105-ryo-shag-koiki-daruma-4
煙管はやっぱり刻み莨だねぇ 旦那ぁ!
20170105-ryo-shag-koiki-daruma-5
今回は前回の教訓を踏まえて、ふかす前に少し加湿しておいた。
喫味は、結構重い感じ。
松川刻とは甘味が違う気がする。
こちらの方が甘さ控えめで煙草の味がする。ハーフスワレ少し混ぜたような味わい。
あと煙の匂いが若干他と違う気がする...
結構吸い応えがある煙草だと思いますね~。

いやしかしでもでも
煙管が今のところ一番煙草葉を美味しく吸えるのだけども
不思議と手巻きも吸いたくなる

多分巻く行為をしたいだけな気もするんだけど()

明日辺り、シャグも買わねばと思うのであった(多分フラ黒リピ



っていう莨レビュー




 

さてさて日付変わってクリスマスイブである...

此処二週間ほど寝る暇ないほどテンパってたのでブログ更新凄く久しぶりな悪寒()
先日求めた小粋の松川をレビューしてみる...
20161221-ryo-koiki-matsukawa-shag-1
20161221 小粋/松川刻 10g/380円

21日に開封、23日14時ごろ終了...
刻み莨は日持ちするっていうけど二日で無くなったわ...
(って380円で二日持てば凄い安上がりじゃんねコレまぶ)
因みに13日にドラム50g、フラ黒25gとまとめて購入、13~23までで、一日231円という結果になった。
20161221-ryo-koiki-matsukawa-shag-2
ノーマル小粋と違い、ジップロック式のパウチ入り
20161221-ryo-koiki-matsukawa-shag-3
ハイジのベッドみたい!!!
ヨーレローリロヒッヒホーよひっひのーローリスキー♪
20161221-ryo-koiki-matsukawa-shag-4
シャグポーチにジャストなパウチ!!!(まぶしい
20161221-ryo-koiki-matsukawa-shag-5
ただ、完全乾燥しているので開けたまんまだとこのように...
丸めると粉々になってしまいますので注意...加湿前提莨ですね。
あとで加湿して最後まで美味しく吸いました。

喫味はとても濃厚な味わい。けっこうどっしりした重さが有ります。
ノーマル小粋は甘ったるい感じでしたが、この松川は渋い味っていう感じ。
正直こっちの刻みの方が好きかな。とにかく重甘(なにそれ
小粋の時は最後まで吸うのに時間掛かったんですよね。吸い難くて。
これは最後まで吸えた。残り葉も割とすんなりまとまってエコを感じる。

刻みは10gしか入ってなくて単価高いのでもっと安くならんのかな。
手作業で刻んでるから高いのかな?

っていう
刻みネタ


煙管でふかす莨は最高ですね





 

↑このページのトップヘ