プロ妖精ぺぺやま 

けむり家計簿(節煙ブログ

20171114-shag-amberleaf-organic-blend-1
20171114 AMBER LEAF  ORGANIC BLEND  25g/570Yen Made in The EU

さてさて、お初のシャグをふかしてみた。
アンバーリーフ・オーガニックブレンド。製造委託元は日本たばこ産業株式会社。
久々のアンバーリーフである。
20171114-shag-amberleaf-organic-blend-2
付属ペーパーは"papers"
フリーバーニングの巻紙である。
20171114-shag-amberleaf-organic-blend-3
生葉っぱの香りはタバコ葉って感じ。
葉っぱはオーガニック(有機栽培)葉のブレンド。
しっとり加湿してあるから無添加ではない。
パウチはビニール製で有能なジップ付き。
ビニールパウチの弱点は、静電気で葉っぱがくっ付くところかな()
20171114-shag-amberleaf-organic-blend-4
スモーキングブラウンで巻き巻きハンドロール
20171114-shag-amberleaf-organic-blend-5
アンバーぷかぷかうまうま☆
20171114-shag-amberleaf-organic-blend-6
煙管でもぷかぷかうまうま☆

喫味は、特に癖も無くとても吸いやすい。
酸味があまり感じられないくらい。あとほんわり甘い。
25gで求めやすいシャグなので、好みがあえばお勧めかも。

そうそう、最近寒いので換気するの面倒で、
時々デスクでヴェポライザーで葉タバコふかしてて気づいた点が。
この葉タバコの甘さってのは葉っぱ本来の物なのか、添加物や保湿剤(グリセリン?)による甘さなのか気になるようになってきた。
個人的に無添加のナチュラルシャグは一時期美味しくて良く吸ってたけど(ぺぺ・リッチグリーン)
そこから黒タバコやハーフスワレが好みになってきて、無添加たばこは小粋シリーズって感じだったけども。
まぁ結局、ふかして美味しいのがジャスティスなのでここら辺はあんまり気にしても意味が無いかもしれない。



っていうオーガニックねた






20171113-shag-hi-tobacco-1
20171113 Hi tobacco DARK FIRE   30g/800Yen Made in Brazil

さてさて、お初のシャグをふかしてみた。新製品である☆
ハイタバコ・ダークファイア。ブラジル産の葉タバコらっすいぃぃ...
20171113-shag-hi-tobacco-2
新製品だから裏面()
20171113-shag-hi-tobacco-3
ハイタバコ、オリジナル?の付属巻紙
20171113-shag-hi-tobacco-4
ワンクォーターサイズのスローバーニング・ペーパー
ちょっと得した気分
20171113-shag-hi-tobacco-9
なんと、パウチにマジックテープ付き
パウチの素材はポテチ袋なんかのアルミ蒸着フィルムを固くした感じ
※固すぎて拡げた葉っぱが跳ねて使いにくい...
20171113-shag-hi-tobacco-6
おまけに、ジップパウチ
肝心の生葉っぱの香りは、鰹節系。
※このジップ密封力高すぎ?で固くて、翌日思いっきり開けたらパウチから剥がれました...
20171113-shag-hi-tobacco-5
付属ペーパーで巻き巻きハンドロール
20171113-shag-hi-tobacco-7
ハイタバコぷかぷかうまうま☆
20171113-shag-hi-tobacco-8
煙管でもぷかぷかうまうま☆


喫味は、ずばりハーフスワレっぽいですね。
パウチの仕様が結構良い感じですけども、タバコ自体はフツーな感じ。
葉っぱの香りでかなり期待したんですがちょっと想像してたのと違った。
甘味もそれほど無いし、塩っ気もそれほど。
30gで800円するんですが、これなら同じようにスロバおまけ巻紙付いてるチェ青買ったほうが幸せになれますね。
まぁ不味くは無いし、シャグとしては美味しいことは美味しいので
※追記 2日ほどして(ジップ壊れたので)乾き気味のこれ、凄く美味しくなってきたので不思議状態。
ハーフスワレなのかなんなのかちょっと違う味のような気がするけど、スパイシーだけど香ばしい甘さがしっかりあって美味しいです。

さっぱりしたハーフスワレタバコが好きな方にはお勧めかもしれません。
と、この前にフラ黒を吸い終えたばかりでのお初の新製品ハーフスワレなので、
そう感じるだけかもしれないことを付け加えときます()











っていうマジックテープねた







20171110-lumberjack2-1
20171110 LAMBER JACK 2  20st/450Yen Made in Japan

さてさて、お初のリトルシガーをふかしてみた。
日本たばこアイメックスの、ランバージャック2。
2ということは初代があるのかな...とWIKI見たら、
初代ランバージャックは1978年~2004年まで製造されていたらしい。
国産初のリトルシガー。この2は2004年から名称変更したっぽい。

  • ランバージャック - 1978年(昭和53年)10月1日~現行。木樵の意で切り株をあしらったパッケージ。フィルター付き、シート状に加工されたタバコを用い紙巻に類似した製法で巻かれた国産初の「リトルシガー」銘柄。シェリー酒の香付けがされており、国産葉巻では最廉価の銘柄だった[11]。2004年以降は「ランバージャックII」に改称。

葉巻きたばこ WIKIより参照

20171110-lumberjack2-2
チャコールフィルター付き 
20171110-lumberjack2-3
ランバージャックぷかぷかうまうま☆

喫味は、なんか吸いやすくほんわり甘い。フィルターのせいかな?
あと、愛煙してるタバコ系統の味がする...
リトルシガーっていうより黒タバコっぽい。
正確に言うと、フラ黒ほどくどくなくて先日吸い終えたラスタ・ブラックっぽい味。
20171110-lumberjack2-4
フィルターに残った葉タバコを煙管にて

煙管でそのままふかすと、更に黒タバコテイスト...
結構吸いやすくて個人的に好きな喫味でした。
これ、普通にすぱすぱ吸えちゃうね~美味しい。




っていう木こりネタ




20171105-shag-rasta-black-1
20171105 RASTA BLACK   25g/580Yen Made in Belugium

さてさて、お初のシャグをふかしてみた。
ラスタ・ブラック。ベルギー産の黒タバコ?
以前より吸ってみたかったタバコなんだけど、前回と同じ経緯で買ってみた。
20171105-shag-rasta-black-2
ラスタといえば、威厳のあるライオンさん。
ところでこのパケ、チルアウトチルアウトうるさい()
ラスタとライオンさんについてはWIKIを参照よろ
20171105-shag-rasta-black-3
付属ペーパーはORLANDO
20171105-shag-rasta-black-8
葉っぱの香りは、それほどきつくない
20171105-shag-rasta-black-5
ペーパーはコーナーカットのフリーバーニング
20171105-shag-rasta-black-4
巻き巻きハンドロール
20171105-shag-rasta-black-6
ラスタぷかぷかうまうま☆

喫味は、普段フランドリア・ブラックを愛煙してるわけなのですが
このラスタはそれほど塩っけも無くとても吸いやすい。甘い。
フラ黒は口腔喫煙でも喉にグッとくる濃さがあるのだけども、
若干ラスタ・ブラックは軽いかな。でもそこが良いかもしれない。
正直なぜ今までスルーしてきたのかって思っちゃうくらい美味しい。
フラ黒がトゥーマッチなときに吸いたい黒タバコかも。
ハーフスワレ?と黒タバコの間くらいの感覚。おすすめ☆

20171105-shag-rasta-black-7
煙管とも相性いい





っていうラスタねた








20171105-shag-blackdevil-qt-honey-1
20171105   BLACK DEVIL  QT-HONEY    40g/920Yen  Made in Holland

さてさて、お初のシャグをふかしてみた。
かわいい悪魔ちゃんマークのブラックデビル・QTハニー。
今回行きつけのタバコ屋が営業時間外で...仕方なく品数の少ない鈍器で。
買う予定の別にあったんだけど、まぁこのタバコも吸ってみたかったから
丁度よいタイミングだったのかもしれない(よね
20171105-shag-blackdevil-qt-honey-2
付属ペーパーは無印...
20171105-shag-blackdevil-qt-honey-4
付属ペーパーはフリーバーニングっぽい。
葉っぱはファインだけど少し荒い。
20171105-shag-blackdevil-qt-honey-5
巻き巻きハンドロール
20171105-shag-blackdevil-qt-honey-6
QTハニーぷかぷかうまうま☆
20171105-shag-blackdevil-qt-honey-7
煙管でぷかぷかうまうま☆

喫味は、ほんのり甘い。蜂蜜フレーバーらしい。
ちょっと辛味があるかもしれない。
吸いやすくは無いけど、割と美味しいかも。
加湿してふかしてみようと思う。




っていうデビルねた



↑このページのトップヘ